カルナーキュアで体験できるハンドセラピーとは?スウェーデン発のマッサージ

ストレス軽減に効果的と定評。カルナーキュアなどが提供しているハンドセラピーはスウェーデンが発祥でした。

スウェーデンハンドセラピー歴史

ハンドセラピーは、手で触れることで心身をリラックスさせる方法を言います。
お店などで施術を受けたことがある方も、中にはいるのではないかと思います。
ハンドセラピーのお店も少なくはありませんし、アロマなどと並んで高いリラクゼーション効果があるとされています。

しかし、スウェーデン式ハンドセラピーを聞いたことがありますか?
初めて聞く方が多いと思いますが、ヨーロッパのスウェーデンで普及しているハンドセラピーの手法です。
日本ではまだ施術してもらえるお店が少なく、一般のハンドセラピーほど普及はしていません。
マイナーな部類に入るため、とても珍しい手法と言えます。

でも、本国スウェーデンでは長い歴史を持ち、近年は日本でも普及活動が行われています。
始まりは1960年頃と言われており、それ以来さまざまな分野で活用されるようになりました。
スウェーデンでは欠かすことのできない存在になっています。

スウェーデン式ハンドセラピーの発端となったのが、未熟児に関するケアの方法です。
未熟児に手で触れると発達が早くなるという点に注目し、新たなマッサージの方法が生まれました。
これがきっかけでスウェーデン式ハンドセラピーが誕生し、研究が進んでいったのです。

最初は未熟児ケアから始まりましたが、その後は高齢者のケア、そして健康分野へと徐々に広がっていきました。
今では学校でも広く取り入れられており、家庭でもコミュニケーションのために利用されています。

一般的なハンドセラピーとは違い、皮膚に触れる点がスウェーデン式の特徴です。
体を押して刺激することはなく、手や背中に優しく触れ、マッサージを行います。
これによってストレスを緩和させ、不安なども和らぐと言われています。

日本では珍しいスウェーデン式ハンドセラピーですが、今後は普及していくと考えられています。
すでにカルナーキュアのように、施術を受けられるお店もありますので、興味がある方は利用してみると良いでしょう。