カルナーキュアで体験できるハンドセラピーとは?スウェーデン発のマッサージ

ストレス軽減に効果的と定評。カルナーキュアなどが提供しているハンドセラピーはスウェーデンが発祥でした。

福祉先進国「スウェーデン」

すでに高齢化社会を迎えている日本では、福祉が大きな社会問題となっています。
いわゆる社会保障費の増大によって国の財政が圧迫され、各種福祉サービスの希薄化、国民負担の増加など、様々な懸念があります。
数十年先にどうなっているかは誰にも分かりませんが、早急に解決しなければいけない喫緊の問題と言えます。

一方で、手厚い福祉サービスで有名な国がスウェーデンです。
福祉先進国とも言われており、老後も安心して暮らせるよう、国民に対する手厚い社会保障を提供しています。
他国も参考にするケースが多く、福祉分野については世界でもっとも進んでいると言えるでしょう。

スウェーデンの手厚い福祉の元は税金です。
日本の消費税に該当する税が高めに設定されており、税収のうち半分以上を社会保障へ充てています。
日本では税収減と社会保障費の割合増加が問題となっていますが、スウェーデンでは本人への還元、高齢者サービスなどに税金の多くを費やしています。

スウェーデンの場合、特に手当や保障制度が充実しています。
例えば、子供に支給される児童手当だけでなく、両親に支給される手当、子供一人につき、1年半分に相当する育児休業の支援制度など、子育て支援だけでも手厚い保障が用意されています。
また、病気や怪我によって働けなくなっても、傷病手当や補償年金など、様々な手当があります。
所得によっては住宅手当や生活保護サービスもあり、日本よりも充実しているのが特徴です。

医療面では、処方薬の年間自己負担額の上限が設定されており、万が一病気になっても生活への影響を最小限に留められる取り組みがされています。
入院費の上限はもちろん、19歳未満は入院費無料など、日本では見られない制度もあります。
もし病気によって休職した場合も政府が賃金を支払います。

日本とは異なり税率は高いものの、福祉へ重点的に税金を配分するのがスウェーデンです。
社会保障問題を抱える日本も、様々な点で参考になると言えるでしょう。