カルナーキュアで体験できるハンドセラピーとは?スウェーデン発のマッサージ

ストレス軽減に効果的と定評。カルナーキュアなどが提供しているハンドセラピーはスウェーデンが発祥でした。

リラックス効果のある曲

   

有酸素運動は、脳に非常に良い影響を与えてくれると言われています。1週間に1回1時間以上の有酸素運動を2~3回行うと、アルツハイマー病のリスクが6割も減少させたり、脳を活性化させることができます。しかし、運動をすると食欲が出て食べ過ぎてしまうこともあるのではないでしょうか。それに、仕事をしていると中々運動をする時間を取ることができません。仕事で疲れて帰ってきた脳を簡単にリラックスすることができる音楽があります。横になって音楽を聴くだけなので、誰でも簡単に取り入れることが可能です。

人間は、リラックスしている時に脳からα波が出ています。そのため、α波が出やすい音楽を聴くと脳や心が落ち着いてリラックスすることができます。モーツァルトなどのクラシックや波の音や鳥のさえずりなのヒーリングミュージックもα波が出やすいと言われています。他にも、お経を聴くと落ち着くように、お経にもα波を出す効果があります。

仕事で疲れている時や、イライラして眠れない時などは、α波が出やすい音楽を聴いて脳と心を落ち着かせることで、質のいい睡眠を確保することもできます。横になって目をつぶった状態で音楽を聴くことで、瞑想状態を作ることにもなり脳の疲れを取ってリラックスできるのです。

また、バイノーラルビートとは、左右の耳から異なる周波の音を聞かせることで、脳の中に周波数のうねりが起こる現象のことを言います。方方の周波数だけを聞いても何も感じませんが、両方の耳で聞くと頭の中で音が揺らいでいるのを感じることができます。人間のそれぞれの耳に異なった周波数の音が入ると脳が、周波数の差を察知して、その違いを調和させようと脳が勝ってにバイノーラルビートを作り出しているのです。バイノーラルビートは、人によっては効果がない場合がありますが、聴いてみて心地よいと感じるようであれば脳にとって良い状態を作っていると考えて良いです。

いずれにしても、自分が聴いてリラックスできることが重要です。なので、無理にヒーリングミュージックを聴く必要はありません。気分が落ち込んでいる時や、疲れている時にアップテンポの音楽を聴くよりも、リラックス効果のあるゆったりとしたテンポの音楽を聴いた方が落ちきます。リラックス効果のある音楽を聴く場合は、ヘッドフォンやBluetoothイヤフォンなどを使用した方が、音楽に集中しやすくなります。通勤時に電車の中でα波が出やすい音楽を聴くと、イライラを抑えて気分よく出勤することができますよ。

 - 未分類